Nexter Inc

大学生の彼女の作り方

2017.08.09

大学生の彼女の作り方

こんにちは、ネクスター株式会社の宇田川です。大学生のみなさん、授業やバイト、サークルなど様々な事をして過ごしていると思います。そんな生活の中で彼女がいたらもっと充実した生活が送れるのでは?そこで、今回は今まで彼女ができず恋人のイベントで悲しい思いをした、彼女が欲しい方に向け、彼女の作り方を紹介していきたいと思います。
 

 


 
まずなぜ彼女が欲しいのでしょうか?

周りの友達に彼女ができて、楽しそうな様子を見て、自分も欲しくなる。好きな人がいてその人と付き合いたい。彼女と夏休みを一緒に過ごしてみたい。など様々な理由があると思います。

 

実際に彼女がいる大学生にいてよかった!という理由を聞いてみました。

 

・落ち着く

・癒される

・楽しい

この3点を挙げてくれました。

 

・落ち着く

彼女との距離が縮まってくると一緒にいるだけでお互い落ち着くようになるそうです。仲のいい友人でもそうですが相手の見えない部分が多いと気を使いながら話しますよね。親しくなればなっただけ相手の考え方や行動が分っていくのでその相手と一緒にいる時間が心地よく感じるとのことです。

・癒し

部活動や、アルバイトなどで疲れてしまっているときに彼女と会ったときの笑顔。お疲れさまの一言。癒されますね。疲れてなにもやる気が起きないというときにご飯を作ってくれたりもしてくれて、、最高ですね。

・楽しさ

やはり一緒にいて楽しいというのも大きいです。旅行に行く、日常会話など、気を許して一緒に過ごしている時間は楽しいですよね。親しい友人とはまた違った特別な楽しさがあります。

彼女といるだけでこれだけの幸せなことがあります。
 

 


 
ここから本題です。どのようにしたら彼女ができるのでしょうか?彼女を作るためにやるべき事を書いていきます。

・自分磨き

・出会い

・タイミング

 

・自分磨き

まず自分磨きです。ただ彼女ができないと言っている人は自分がどのように見られているか考えたことはあるでしょうか?内面ももちろんですが、まず外見です。髪型、服装、清潔感、などに気を付けてみましょう。これらを変えるだけで大きく変わります。

ボサボサの髪、抵当に選んだ服、伸びっ切った髪、髭、爪など客観的に見てみるといい印象は持たないですよね。髪型は1000円カットなど安いところではなく美容院へ、似合いそうな髪型を選んでもらえる、ワックスの付け方なども聞けば教えてもらえます。普段通っているお店のグレードを少し上げてみるといいと思います。

服装はそんなに凝ることはありませんが今の季節である夏ならば、だらっとしたTシャツを着るなら襟つきの服を着てみる、襟がついているだけでただのTシャツよりも服装に気を使っているという印象を与えられると思います。注意点は奇抜な色を選ばず、無難な色を選んでおくことです。

また、清潔感を維持するためには細かい事に日々気を付けて下さい。爪が伸びた、髭が伸びた、めんどくさがらず切りましょう。
 

 

 
・出会い

大学生の出会いは主なコミュニティであるゼミ、バイト、サークルなどが主です。その同じコミュニティで仲良くなり付き合ってしまうケースもあります。ですがどれにも属さず出会い自体がないという人、マッチングサイトに登録してみるといいかもしれません。

マッチングサイトは従来の出会い系サイトとは違いFacebookや免許証などで本人確認があり(Facebookページを確認できれば実在するかわかるため)サクラや年齢の詐称がほぼないので安心して出会う事ができます。またどこの会社が運営しているのかしっかりと書かれているサイトは責任を持つという現れなので信用して大丈夫でしょう。女子大生なども多く利用しているようなのでやってみる価値はあります。

他には街コンやオフ会などに参加してみるのもいいと思います。同じ目的、趣味を持った人が集まってくるので自分と合う人が見つかる可能性は高いです。初めはコツを掴まないと何もできずに終わってしまう可能性がありますが、何回か参加してみてどんな立ち回りをすれば良いかわかると相手が見つかる可能性は高くなっていくと思います。
 

 


 
・タイミング

もし出会えた時告白するタイミングってどうするのだろうと考えるかと思います。ある程度親密になってからで無くては相手もOKは出してくれないでしょう。早すぎてはだめです。また言い出せずに終わってしまうことがあるので遅くなりすぎるのも良くないです。

ではどんなタイミングか、恋愛経験豊富な大学生に聞いてきました。

①その人と付き合いたいと思う気持ちを抑え、友人として接することを心がける。

②仲良くなりたいという気持ちを伝えてみる。

③ある程度仲良くなって来たら連絡先を交換してみる。

④複数人と遊びに行く。

⑤慣れてきたら2人で遊びに行く。

おおよそこのような流れになるそうです。重要なのは①で気持ちを抑え我慢すること、ここで気持ちを前面に出してしまうと敬遠されてしまう可能性が高いです。こらえて接していきましょう。ここがクリアできたら順々に進んでいきましょう。本当に嫌いであればここで断られてしまうので⑤まで行けたら告白するタイミングです。場を整え告白してみましょう。

2人で遊びにいける仲ならば相手側もOKする可能性は十分にあるでしょう。注意点は⑤の2人で遊ぶとき前々に遊ぶ予定を決めてしまう事です。あやふやになって約束が流れても嫌ですよね。理想は複数人と遊んだあとのタイミングで連絡してみる事です。
 

 


まとめ

 
どうでしょうか?今回書いたことで一番伝えたいのは彼女を欲しがるならまず自分を磨くこと、磨いて失敗しても自分を良くしようとした結果が残り、次に成功する可能性は高くなるということです。自分を磨いているわけですから、失敗すればその分だけ経験になります。ここが足りなかったのかな、次はこうしよう、あの時はこうした方が良かったな。次は気をつけよう。そんな考えもできるようになっていくはずです。

また女の子がどういういきものなのかわかってくると思います。また、女の子の言動に対しどう言葉を返せばいいか、行動すればいいかその女の子に対して真剣に考えることができるようになると思います。真剣に考えることでどのように接していけばいいか自然とわかるようになるでしょう。

彼女を作るビジョンは見えてきたでしょうか?大学生ならば動ける時間はたくさんあります。うまく時間を使い出会いを求め、素敵な相手を見つけましょう。

 

UdagawaKurato

Udagawa Kurato

1992年東京生まれ、趣味は漫画を読むこと、寝ること。