Nexter Inc

ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェが11月南町田にオープン!

2019.08.14

©2019 Aardman Animations Ltd 2019


全世界170の国や地域で愛されている、クレイアニメーションのひつじのショーンをテーマにした「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」が、南町田に11月オープン。
コンセプトカフェやワークショップ、アニメの世界観を再現した店舗で、ワークショップやイベントなども体験できちゃう!


■世界観をそのままに!こだわりの外観


©2019 Aardman Animations Ltd 2019

この度オープンする「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」は、3月にオープンした「ひつじのショーン ファームガーデン」に続く国内9つ目の常設店舗。
建物のエントランスは牧場主の家の外観が忠実に再現されていて、登場キャラクターの立像・人形たちがお出迎えしてくれる!
クレイ・アニメーションの質感やディティールにこだわった雰囲気のある店内は、子供から大人まで楽しめます♬



■初の大人向けメニューを揃えたキッチンエリア


©2019 Aardman Animations Ltd 2019

キッチンエリアで楽しめるカフェメニューは、初の大人向けのメニューも検討中で、ここでしか体験する事ができないメニューも楽しむことができます!



■食べるのがもったいない!?かわいいカフェメニュー

見た目もかわいいカフェメニューは、ショーンやビッツァーなどのメインキャラクターや、3匹のいたずらブタやシャーリーがモチーフとしてラインアップ。
そんなかわいいメニューを一部ご紹介♬

「ショーンのアップルクランブル」


©2019 Aardman Animations Ltd 2019

イギリスの家庭的な冬の定番スイーツ。甘酸っぱいりんごのコンポートにサクサクのクランブルをのせて焼き上げ、 アイスクリームと生クリームをのせてサーブ。クランベリーソースを添えて食べると、美味しさがグッとあがります。

「ビッツァーのハンバーグプレート」


©2019 Aardman Animations Ltd 2019

男の子にファンが多いピッツァーをモチーフにしたプレート。顔はオニオンとターメリックのピラフで、鼻はビーフハンバーグ。下にカレーソースが隠れてる♬耳にはソーセージ、帽子はハーブティーで色付けしたマッシュポテトで、男の子の大好きなものがたっぷりと乗っていてボリューミー♬

「シャーリーの食いしん坊グラタンオムライス」


©2019 Aardman Animations Ltd 2019

ピラフごはんにチキンとラタトゥイユをのせて卵をかぶせ、グラタンソースとチーズをたっぷりとかけて焼き上げています。チーズがとろける熱々オムライス!

「3匹のいたずらブタのよくばりロール」


©2019 Aardman Animations Ltd 2019

いたずらブタが覗き込んでいる様子がロールパンのサンドイッチで表現!豚はビーツ入りマッシュポテト。具材はカレー風味のカーネーションチキンやソーセージと野菜の煮込み、マカロニチーズなどたっぷり!

 

■11月のオープンが楽しみ!

かわいいだけでなく、フォトジェニックなスポットとしても人気のひつじの「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」。
11月のオープン前に他の店舗を楽しむのもアリかも…!?


©2019 Aardman Animations Ltd 2019


■店舗概要
店名:『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』
場所:グランベリーパーク 中央街区(セントラルコート)
住所:東京都町田市鶴間3丁目4―1
延床面積:約82坪
客席数:75席


■ひつじのショーン
イギリスのアードマン・アニメーションズ製作のクレイ・アニメーション。発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー「ウォレスとグルミット、危機一髪!」(1995 年/英)に初登場したひつじのキャラクターがショーンです。人気が出たショーンを主人公にしたスピンオフ作品として「ひつじのショーン」(2007年/英) が放送開始。ショーンとその仲間の動物たちが牧場で巻き起こすユーモアあふれるストーリーのドタバタコメディーです。個性的なキャラクターが沢山いることも魅力のひとつで、現在では世界170の国と地域で愛されている人気の作品です。


■南町田グランベリーパーク
南町田グランベリーパークは、田園都市線南町田駅の南側に広がる鶴間公園と2017年2月に一時閉鎖した旧グランベリーモール跡地を中心とする約22ヘクタールのエリアについて、町田市と東京急行電鉄株式会社が連携して、郊外住宅地に魅力あふれる「新しい暮らしの拠点」を創り出す、まちづくりプロジェクトです。約230店舗が出店する商業施設、新しいまちの玄関口となる駅や緑豊かな憩いの場の都市公園と一体となり、訪れる人それぞれにとって居心地の良い、自然と賑わいの融合した新たな時間の過ごし方を提案します。

Naori Harada

社長室 広報 Harada Naori

16歳にオランダに留学して以来、毎年1ヶ月程海外に滞在* 日本が住みづらいと感じつつ、日々を過ごしている大阪出身の現在Lv.32。 趣味:映画鑑賞・スキンシュノーケル・海外旅行 好き:カフェラテ・ケバブ・アニメ