Nexter Inc

生まれ変わりゆく東京2020①

2020.01.16

東京では、今年のオリンピック・パラリンピックに向けて様々な商業施設や土地の再開発が行われてきました。2020年になり、まだまだ変化していく東京の街。これからオープン予定の商業施設やリニューアル予定の場所をチェックしておきましょう!



■高輪ゲートウェイ

https://www.jreast.co.jp/press/より

JR東日本としては初めて駅名を公募し、話題となった高輪ゲートウェイ駅は、2020年3月14日開業予定。
田町-品川間に建設中のこの駅は、山手線の新たに加わる駅として周辺では利便性が高まる見通し。




また、高輪ゲートウェイ駅構内には近未来型の無人AI決済店舗の「TOUCH TO GO」が初オープン!
TOUCH TO GOは、ウォークスルー型の完全キャッシュレス店舗で、カメラなどの情報から入店した人や商品をリアルタイムに認識。決済エリアに人が立つとタッチパネルに商品と購入金額を表示されるので、商品が決まったら出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いをするだけでお買い物が可能に!

高輪ゲートウェイ駅に行った際は、是非最新のテクノロジーも体験してみて!



https://www.jreast.co.jp/press/より

また、JR品川駅から田町駅までを新たに一体開発する品川開発プロジェクトも計画されており、住宅やインターナショナルスクール、文化総合施設、オフィスビルや生活支援施設、ホテルなどが建設予定。
高輪ゲートウェイ駅の改行以降もこのエリアには注目ですね!



■こんな商品も

https://item.rakuten.co.jp/asamizu/10013683/より

山手線30番目の駅となる高輪ゲートウェイ駅の記念Tシャツもインターネットのみで登場していました・・・!
現在予約受付中のようなので、ぜひ記念にゲットしてみては・・・?



■新宮下公園

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/koen/park.html

現在閉鎖中の渋谷区にある宮下公園が、2020年の4月に新宮下公園としてリニューアル開園予定で現在工事が勧められている。

宮下公園は渋谷〜原宿に位置し、フットサルコートなどを完備した都会でもスポーツを楽しめる公園として愛されていたが、公園設備工事により2017年に閉園していた。



https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/koen/park.html

明治通りに隣接する公園は、細長い形状で緑に包まれた明るい公園のイメージに生まれ変わる。



https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/koen/park.html

カフェテラスや商業施設、宿泊施設が一体となり併設される予定で、若者が集まる街渋谷の新しいトレンドスポットになりそう!



■WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)


渋谷と同じく、昔から若者のトレンドを生み出してきた原宿に新しくオープン予定のWITH HARAJUKU(ウィズ原宿)。JR原宿駅の目の前にオープン予定のこちらは、未来を紡ぐ“たまり場”として、2020年4月に開業予定。




ショップ&レストランエリアには、ファッション、フード、ビューティー、ライフスタイル雑貨など、トレンドを発信し続ける店舗をラインナップ予定。他にもイベントホールやシェアスペース、賃貸レジデンスも含む複合施設となる予定だ。



今回ご紹介した新たなスポットはこの春順次開業予定。WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)は新宮下公園からも近いので、両方に足を運んでみては・・・?

他のエリアにもまだまだ開業予定のスポットは沢山あるので、お楽しみに!



Naori Harada

社長室 広報 Harada Naori

16歳にオランダに留学して以来、海外が大好きになり毎年1ヶ月程海外に滞在* 日本が住みづらいと感じつつ、日々を過ごしている大阪出身の現在Lv.32。 趣味:映画鑑賞・スキンシュノーケル・海外旅行 好き:カフェラテ・ケバブ・アニメ

テキスト・画像のコピーは禁止です。