Nexter Inc

生まれ変わりゆく東京2020②

2020.02.18


変化していく東京の街の、これからオープン予定の商業施設やリニューアル予定の場所に注目!第二弾!



↓前回の記事を読んでいない人はコチラ



■東京ポートシティ竹芝


竹芝駅すぐの場所には、東京ポートシティ竹芝が2020年オープン予定。

都心でありながら海に面しており、大手町や丸の内、品川などの主要地区にも近い竹芝。八丈島や父島などの東京の離島を繋ぐ船が発着する竹芝客船ターミナルもあり、のんびりとした雰囲気の街。

そんな竹芝が、都市再生への貢献や産業振興の加速などに向けて、街全体で最先端のテクノロジーを活用する最新のスマートシティとして生まれ変わる計画が進んでいる。




今回建設予定の東京ポートシティ竹芝には、オフィスタワーとレジデンスタワー、竹芝駅から浜松町までを繋ぐ全長約500mの歩行者デッキが完成予定。

デジタル×コンテンツを軸に、人・情報・ビジネスを繋いで世界を代表する国際ビジネス拠点となることを目指す。




オフィスタワーの1階には、最大500人を収容するシアター形式のイベントスペースとポートホール、商業ゾーンには飲食店などがオープンする予定。そして9階から39階までの高層フロアはオフィススペースとなる。




また、2階から6階までは階段状にお洒落なスキップテラスも完成予定。
ポートシティ竹芝は2020年より順次完成予定。



■有明ガーデン


2020年4月より順次開業予定の有明ガーデン。『カラフル(多彩)×ワンダフル(ライブ感)×ハートフル(寛ぎ・癒し)』をテーマに、東京湾岸エリア最大店舗数の200店超の大型商業施設を中心に、街の発展に期待が高まる。




国際会議にも対応可能な国内最大の約8,000人収容可能な劇場型ホールや、大規模な温浴施設を備えたハイグレードホテル、劇団四季の専用劇場も完成予定。




そして、地域へ新たな居住者を誘致する総戸数1,500戸超のトリプルタワーマンションも建設中で大規模な複合施設となる。




周辺には有明アリーナや有明BMXコース(完成予定)などもあり、国際的なスポーツも楽しめる有明は、今後東京湾岸エリアの中核となり、新たに観光客も増えそうだ。



スマートシティへと生まれ変わる竹芝と超大型複合施設が新たに完成予定の有明は、ベイエリアで今後大注目の場所。外国人観光客も増加予測される2020年は、新たに開発中の地区がまだまだあるようです!最新スポット情報は今後もご紹介します♬



Naori Harada

社長室 広報 Harada Naori

16歳にオランダに留学して以来、海外が大好きになり毎年1ヶ月程海外に滞在* 日本が住みづらいと感じつつ、日々を過ごしている大阪出身の現在Lv.32。 趣味:映画鑑賞・スキンシュノーケル・海外旅行 好き:カフェラテ・ケバブ・アニメ

テキスト・画像のコピーは禁止です。